最後の時間

人間の命は永遠ではなく、いつかはその終りとなる時がやってきます。その終りとなる時をきちんとお見送りしてあげる場を作ってあげることが残された家族に最後にしてやれることであることは間違いなく、その場所というのがいわゆるお葬式であります。
葬式
お葬式を行うにあたっては、形式的に荘厳で大掛かりな準備を行って近親者を集めてみんなで別れを惜しみつつ、最後に斎場にて火葬を行うことで最後のお見送りをしようというのが一般的な形であるように思われますが、最近はそうではなく式典を行うこと無く火葬のみを行う形の葬儀が行われることが増えてきています。それを一般に直葬と呼ぶのですが、その葬儀形式が今徐々に浸透しつつあるのです。

火葬のみを行う直葬

火葬のみを行う直葬は、なにかとこれまでのお葬式とは勝手が違う部分があります。しかしながらその根底には「自分が死んだら慎ましくさっと燃やしてくれ」という思いがあるように思われます。だからこそ余計なものを省いて、最低限の火葬のみを行うことで葬儀とする直葬という形が生まれたのでしょう。

直葬が浸透してきている時代背景としては様々な理由があるように見受けられます。それは社会情勢の変化であったり人間関係の変化であったり、もしくは金銭的な問題であったり、いろんな理由と意味をそこに持たせて行うことが増えてきていることは間違いありません。
この方法を選択することは、現在の葬儀の選択肢において確実に重要な一手となっていることでしょう。

Comments are closed.